結婚したばかりの頃は、夫婦ともに仲良しであることがめずらしくありません。好きな人と一緒に結婚することができたら、幸せを感じるという人がたくさんいるのです。結婚をするという夢を叶えることができ、新居での生活を楽しんでいるという人は少なくありません。夫婦で暮らし始め、時間が経てば、子供をもうけるという夫婦もたくさんいます。子供が順調に成長していき、家庭の幸せを築いているという人は多くいるのです。しかし、子育てが落ち着き、夫婦が共に年を重ねるにつれて、お互いの嫌なところが見え始めるというケースも少なくありません。お互いの嫌なところばかりが目につくようになり、口論を重ねることが多くなるという夫婦もめずらしくありません。口論ばかりしていて、夫婦がお互いに疲れてしまうという人も多くいるのです。そのような夫婦の間では、熟年離婚をするという場合もしばしばあります。熟年離婚を経験した人の間では、若い頃には周囲の目が気になって、パートナーと別れられなかったという人も少なくありません。しかし、年齢を重ねてからは、世間体が気にならなくなり、離婚に踏み切れたという人も多くいるのです。年齢を重ねてから離婚をする夫婦はめずらしくないのです。