子供の独立のタイミングで熟年離婚をする方もいらっしゃいます。
大体は妻のほうから持ち出すことが多いのですが、厳密にいえば単なるタイミングであり、子どもが独り立ちしたことが原因で離婚をするのではありません。
実際のところはその何年も前、いや何十年も前からいずれは離婚したいと考えていることが多く、その時はまだ子供が小さいからということで我慢して離婚をせずに夫婦を続けていたのです。
離婚してしまいますと子どもの教育費が少なくなってしまったり少なからず影響が出てしまいます。
子どもが完全に独り立ちしてもう教育が必要でなくなればもう自分が離婚をしても問題はありません。
ちなみに子どもが独り立ち擦るというのは子どもが一人暮らしをしたときではなく就職が決まった時ということが多いのです。
もう子どもも大人になってしまえば親権争いなどをする必要もありません。
今までは子どものために我慢して生きてきたという方ももう子どもが大きくなれば自分の好きなように生きたいという方が多いのです。
このようにならないようにするためには夫は常に妻の気持ちの変化に気が付かなければいけません。
猶予期間の時に夫が自分の欠点をなくせば離婚を免れられます。